診療時間
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • WEB予約

0937612493

image
image

診療メニュー


むし歯

image

虫歯治療や根管治療などをおこないます。いつまでも自分の歯を残すためにも、少しでも違和感を感じたらすぐに歯科医院を受診しましょう。
当院では、なるべく「削らない」「抜かない」ように治療をおこないます。ごく初期のむし歯は清掃指導をおこない削らずにすむよう経過を観察していきます。

予防歯科

image

「虫歯にしない、歯周病を進めないこと」

ご自身でするセルフケア(歯磨き)だけでは虫歯や歯周病を防ぐには不十分です。
虫歯や歯周病から歯を守っていくには、定期的なクリーニング(PMTC)や歯科医院で受けるケアが欠かせません。
いつまでも自分の歯で美味しく食事をするためには、毎日のケアと歯科医院で受けるケア、そして、定期的な検診が重要です。

予防歯科の症例をみる >

PMTC

PMTCとは国家資格を持った歯科衛生士が専用の器具を使い、普段ご自身では磨ききれない部分まできれいにクリーニングします。歯の表面の着色や、表面の小さな凸凹もとり、ツルツルになりますので細菌や歯石がつきにくくなり、虫歯や歯周病の予防に効果的です。


歯周病

歯周病は生活習慣病の一つで、成人の約80%は歯周病であると言われています。
歯を失う理由の第1位は「歯周病」です。歯茎が膿んだり腫れてしまうだけでなく、歯茎の下の骨を溶かしてしまう怖い病気です。
健康なお口を保つために、まずは歯周病の検査をおこないます。レントゲンや口腔内写真、歯周ポケットの検査などをおこない歯周病がどの程度進行しているか診断します。
検査の後、治療を開始し、普段の歯磨きではとれない細菌のかたまりや歯石を除去することでかなり改善していきます。
歯周病は進行してしまうとすぐに治る病気ではありません。最も重要なのは、日頃のブラッシングや定期的な歯科医院でのメンテナンスです。患者さまに合わせたブラッシング指導や治療を定期的に行っていきます。

歯周病治療の症例をみる >


成人矯正

image

歯ならびが悪い、八重歯がある、出っ歯が気になる、受け口になっている、口元が気になって笑顔に自信がない・・・など、歯に関して悩みをお持ちの方は多いかと思います。
大人の矯正治療の最大の目的は、お口の中の清掃(ブラッシング)をしやすくすることです。歯を移動することにより、正常な咬合、さらには顔全体のバランスを見て良い位置に歯を位置付けることも可能です。
歯並びが悪いと、毎日の歯磨きがしづらくなり、むし歯や歯周病になりやすくなります。
費用につきましては、分割払いも可能ですのでお気軽にご相談ください。

大人の矯正治療の症例をみる >

子供の育成治療

image

子供の頃の歯並びは、大人になってからの歯並びに大きく影響します。

したがって、こどもの頃から歯並びを整えておくことは永久歯の歯並びに大きく関わるのです。
第Ⅰ期治療では、乳歯が残っている状態からあごの成長の促進や抑制を、また、場合によってあごの骨を広げたりすることも可能です。
第Ⅱ期治療は、永久歯にはえかわってからおこない、すべての歯がしっかりと咬むように歯の位置を整えていき。
第Ⅰ期治療は顎の育成などを伴う治療で、第Ⅱ期治療は歯の治療と言えます。第Ⅰ期治療を行うことにより、第Ⅱ期治療で矯正による抜歯の可能性を減少させられること、大がかりな装置をつけなくてすむことが最大のメリットです。
当院ではなるべく奥歯を抜かなくて済む「非抜歯矯正」をおこなうようにしています。

子供の育成治療の症例をみる >

小児歯科

image

乳歯の管理はとても重要です。

乳歯がむし歯になることにより歯の崩壊につながり、歯並びに影響をあたえます。少なからずこれから生え変わる永久歯にも影響ががあると考えられます。
しかし、子供さんにとって歯科医院での治療は怖い体験でもあります。当院におきましては、もし我が子が治療をするとしたら…の気持ちのもと、我が子に受けさせたい治療をおこなうとともに、お子さんにも十分留意し、始めから削ったり、怖い印象を与えるのではなく、歯医者さんに慣れる練習から入ります。
お父様、お母様に対する、お子さんへの口腔ケアの指導も同時にさせていただきます。

歯科の受診が怖くて治療が難しいお子さまも当院にお任せください。やさしく説明し、歯医者さんを怖がらずに行くことが楽しみになるような治療を心掛けています。

障害をお持ちのお子様の予防や治療にも対応しております。安心してご相談ください。
ちなみに、当院の副院長は「アンパンマン先生」と呼ばれています。

小児歯科の症例をみる >

フッ素塗布とシーラント

image

フッ素塗布とは歯のエナメル質を強くし予防の効果があると言われています。
当院では乳歯が生え始めたら、定期的なフッ素塗布をおすすめします。また、生え変わったばかりの永久歯はエナメル質が弱く虫歯になりやすいため、フッ素塗布が効果的です。
当院では生え変わり時期のお子様にはフッ素塗布と併行してシーラント(予防)を行っています。1年に2~4回の定期検査とフッ素塗布を行い、ブラッシング指導もおこなっていきます。

インプラント

インプラントとは、生体親和性の良いチタン製の人工歯根を植立し、その上に冠を装着し歯を失った部分を補う治療法です。

この治療療により、従来のブリッジで補おうとした場合の両隣りの歯を削らずにすむため、ダメージを与えることなく、天然の歯と同様の審美性と噛む機能性を得ることが可能です。
入れ歯に比べて違和感がなく、ブリッジと違って支えの歯となる両隣の歯に負担をかけることもありません。

当院におきましては、3DCT画像による審査診断およびコンピューターによるシュミレーションをおこないます。その上で、インプラント埋入用ステント制作により、安心安全のインプラント治療が可能です。

インプラントの症例をみる >

入れ歯

image

入れ歯の歴史は深く、現在に至り、新しい入れ歯のオプションは数多く存在します。
大きく「部分入れ歯」と「総入れ歯」に分かれます。部分的な欠損の場合、見た目の気にならないノンクラスプデンチャーと言うものが有効であります。

この義歯は、審美性に優れ、金属を使わない入れ歯です。見ただけでは入れ歯とわからないため審美性に優れています。また、柔らかい素材を使用しているため、割れにくかったり、軽さも特徴です。

従来の入れ歯であった粘着性の高い、お餅やガムなどくっつくお悩みもノンクラスプデンチャーであれば、材質の違いからくっつきません。金属が見えて入れ歯っぽく見えるのが気になっている方には、口元が若々しく見えるため、喜ばれております。

入れ歯の症例をみる >

審美歯科

image

審美歯科とは、機能性だけでなく見た目にも美しい口元を実現するための総合的な歯科治療のことを言います。
むし歯治療によって詰めた詰め物や被せ物を白くするだけでなく、本来の白い歯を取り戻したり、噛み合わせや歯並びを治すこともあります。
歯並びや歯の色にコンプレックスを持っている方に自然な素敵な笑顔になっていただくための治療でもあります。
金属アレルギーの方にとって、白い歯であるセラミックはアレルギーを起こす事が無く、安⼼心して治療を受けられるメリットもあります。悩みに応じて、歯歯のホワイトニングをおこなったり、歯肉の漂白をおこなったりと様々です。最近では結婚式前に歯のホワイトニングをする方も増えてきました。お気軽にスタッフまでご相談ください

審美歯科の症例をみる >

ホワイトニング

ホワイトニングには歯科医院でおこなう「オフィスホワイトニング」とご自宅でおこなう「ホームホワイトニング」の2種類があり、当院ではホームホワイトニングをおこなうことが可能です。
最近では、ブライダルエステの一貫としてホワイトニングを行う方や、長年歯の色にお悩みの方に人気があります。歯を削らず、自然な白い歯になることができます。

歯肉のホワイトニング

image

歯を白くするだけでなく、当院では歯茎のくすみや着色を漂泊する「歯茎のホワイトニング」をおこなうことも可能です。
歯のホワイトニングと合わせておこなうこともできますので、お気軽にご相談ください。

ページトップへ戻る